セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<4>警察からかかってきた電話「この人は変態でしたか?」

公開日: 更新日:

「Aさんとはどんな関係ですか?」と、警察から電話がかかってきたのは、高校時代のことだ。

 中学時代に長野の繁華街で声を掛けてきて、おこづかいをくれるから、会っていたサラリーマン。40歳前後だった。全寮制の中学を飛び出し、誘われるままにひとり新幹線に乗って新宿で待ち合わせ、ハイアットリージェンシーの高層階で夜を明かしたこともあった。お菓子を食べながら、テーブルRPGゲームを囲んだり、窓際で手をつないでネオンを眺めた。鬱屈した寮生活から抜け出す、さながら大冒険の道案内人だった。そんなことを思い出していると、「変態でしたか」と警察官の声が遮った。

「ある男と共謀して、強姦した容疑で取り調べています」と言うのだ。取り調べの中で私の名前が出て、連絡したという。監獄のような中学時代を脱出し自由な高校に入ってからは、連絡を取るのも億劫になっていた。Aさんがラブレターを自宅に何通も送ってきて、それを読んだ母が訝り、私の目に触れないところへ捨てていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  7. 7

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る