セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<4>警察からかかってきた電話「この人は変態でしたか?」

公開日: 更新日:

「Aさんとはどんな関係ですか?」と、警察から電話がかかってきたのは、高校時代のことだ。

 中学時代に長野の繁華街で声を掛けてきて、おこづかいをくれるから、会っていたサラリーマン。40歳前後だった。全寮制の中学を飛び出し、誘われるままにひとり新幹線に乗って新宿で待ち合わせ、ハイアットリージェンシーの高層階で夜を明かしたこともあった。お菓子を食べながら、テーブルRPGゲームを囲んだり、窓際で手をつないでネオンを眺めた。鬱屈した寮生活から抜け出す、さながら大冒険の道案内人だった。そんなことを思い出していると、「変態でしたか」と警察官の声が遮った。

「ある男と共謀して、強姦した容疑で取り調べています」と言うのだ。取り調べの中で私の名前が出て、連絡したという。監獄のような中学時代を脱出し自由な高校に入ってからは、連絡を取るのも億劫になっていた。Aさんがラブレターを自宅に何通も送ってきて、それを読んだ母が訝り、私の目に触れないところへ捨てていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る