<6>キラキラの同級生に憧れしゃべり方や振る舞いを真似た

公開日:  更新日:

 4月になると、新たなスタートを切る季節の風に乗って、風俗の扉を叩く女の子が増える。毎月入院して行う抗がん剤投与の合間に、店長として彼女たちを面接していると、お金目当てだけじゃない若い子と向き合うことがある。

 私もそうだった。昔から人とコミュニケーションをとるのが苦手で、場違いなことを言っては、その場の空気を悪くしてしまうの繰り返し。気が付けば、言葉より体を使ったコミュニケーションを選んでいた。セックスやそれに近い行為の最中は、言葉を使わなくても会話ができた気がした。錯覚でも裸と裸をくっつけ合わせれば意思の疎通が図れた気がして、心地良かった。もちろん接客だから、そうならないことも多いけど、たまにそんなお客さんも現れて、その充足感が堪らなかった。お金を介した空間だからこそ、安全に思え、そこで濃密に人と関わることに依存していた。やっぱり風俗は性にあっていたのだと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る