<6>キラキラの同級生に憧れしゃべり方や振る舞いを真似た

公開日:  更新日:

 4月になると、新たなスタートを切る季節の風に乗って、風俗の扉を叩く女の子が増える。毎月入院して行う抗がん剤投与の合間に、店長として彼女たちを面接していると、お金目当てだけじゃない若い子と向き合うことがある。

 私もそうだった。昔から人とコミュニケーションをとるのが苦手で、場違いなことを言っては、その場の空気を悪くしてしまうの繰り返し。気が付けば、言葉より体を使ったコミュニケーションを選んでいた。セックスやそれに近い行為の最中は、言葉を使わなくても会話ができた気がした。錯覚でも裸と裸をくっつけ合わせれば意思の疎通が図れた気がして、心地良かった。もちろん接客だから、そうならないことも多いけど、たまにそんなお客さんも現れて、その充足感が堪らなかった。お金を介した空間だからこそ、安全に思え、そこで濃密に人と関わることに依存していた。やっぱり風俗は性にあっていたのだと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る