• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<7>病院での夜は100回を超えた

 また入院している。6回目の抗がん剤投与のためだ。がんの発覚から、はや1年半。病院で夜を明かした数を数えたら100回を超えていた。これまでもう何年も歌舞伎町の真ん中に住んで、ほとんど毎日、体を売っていたのだから、その頃と今の生活のものすごい落差に自分でも驚いている。

 がん患者たちのいる病棟には、私と同世代の20代女性はほとんどいない。外来病棟も、高齢の患者が目立つ。具合の悪い人が来るのが病院なのだから当たり前なのだろうけど、ここでは皆ゆっくり歩いている。最上階にある見晴らしの良いレストランに行くと、裕福そうな老婦人たちが談笑しながら、ハンバーグを頬張っていた。

 歌舞伎町でお馴染みのキラキラした水商売の男女も、キャリーバッグをガラガラと引いて歩くホームレス風俗嬢も、ここにはいない。あまりにもゆったりと世界が回っているものだから、だんだんと、風俗生活をしていたことを忘れそうになる。いっそ忘れてしまえばいいのかな、とも思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る