過半数を得た「小池与党」が仕掛ける受動喫煙防止条例

公開日:

 7月2日に行われた都議選で都民ファーストが圧勝し、公明と合わせた「小池与党」は半数を楽に超えた。「新しい都政」「東京大改革」と意気込んでいる小池知事は、9月に始まる定例都議会で何を仕掛けてくるのか。

 選挙で掲げた公約(基本政策)は全部で14。そのほとんどに「条例をつくります」とあるが、すべてを同時にというわけにはいかない。そこで確実視されているのが受動喫煙防止条例案の提出だ。

 小池知事自身、7日の会見で「受動喫煙に関する条例づくりというのは、早々にできるのではないかと思っております」と断言している。

 都民ファーストは選挙中「ふるい議会を、あたらしく! 都民ファーストの会」という小池知事の写真付きのビラを配布した。そのなかに14の基本政策が掲げられている。14番目がスモークフリー社会。「見せかけではない『真』の受動喫煙防止条例(罰則付き)をつくります」「子どもを受動喫煙から守る条例をつくります」と記してある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る