家族ぐるみから発展…“斉藤由貴型”不倫にハマる主婦たち

公開日:

 斉藤由貴は家族ぐるみの知人関係から不倫に発展したという。これは決して珍しいケースではない。不倫経験のある主婦たちに聞くと、「やっぱり身近な人間関係からが手っ取り早い」と悪びれないのだ。

 小学生の娘がいる都内在住38歳主婦は、娘のピアノの先生と不倫中である。

「夫が音楽関係の仕事をしていることもあり、娘の英才教育のため、有名なピアノスクールに通わせました。夫は『先生には自宅でも指導してもらった方がいいね』と提案。これが不倫のきっかけになりました。今は娘が練習する部屋の隣でセックスしています。私も満たされていますが、娘のピアノも明らかに上達。何も知らない夫は、先生に感謝しています」

 子供の学校の連絡網も出会いのきっかけになる。都内在住の40代主婦はこう言う。

「娘が通っていた小学校はクラスごとに連絡先の一覧を配っていますが、電話番号のほか、保護者のメールアドレスも記載されていました。当然、母親のアドレスであることが多い。ある日、娘の友達のお父さんからメールが来たんです。『リビングに貼ってある連絡網を見て連絡しました』って。最初はクラスのことなどを相談するようなメールだったのですが、だんだん違う方向に話が展開するようになって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る