家族ぐるみから発展…“斉藤由貴型”不倫にハマる主婦たち

公開日: 更新日:

 斉藤由貴は家族ぐるみの知人関係から不倫に発展したという。これは決して珍しいケースではない。不倫経験のある主婦たちに聞くと、「やっぱり身近な人間関係からが手っ取り早い」と悪びれないのだ。

 小学生の娘がいる都内在住38歳主婦は、娘のピアノの先生と不倫中である。

「夫が音楽関係の仕事をしていることもあり、娘の英才教育のため、有名なピアノスクールに通わせました。夫は『先生には自宅でも指導してもらった方がいいね』と提案。これが不倫のきっかけになりました。今は娘が練習する部屋の隣でセックスしています。私も満たされていますが、娘のピアノも明らかに上達。何も知らない夫は、先生に感謝しています」

 子供の学校の連絡網も出会いのきっかけになる。都内在住の40代主婦はこう言う。

「娘が通っていた小学校はクラスごとに連絡先の一覧を配っていますが、電話番号のほか、保護者のメールアドレスも記載されていました。当然、母親のアドレスであることが多い。ある日、娘の友達のお父さんからメールが来たんです。『リビングに貼ってある連絡網を見て連絡しました』って。最初はクラスのことなどを相談するようなメールだったのですが、だんだん違う方向に話が展開するようになって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る