• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家族ぐるみから発展…“斉藤由貴型”不倫にハマる主婦たち

 斉藤由貴は家族ぐるみの知人関係から不倫に発展したという。これは決して珍しいケースではない。不倫経験のある主婦たちに聞くと、「やっぱり身近な人間関係からが手っ取り早い」と悪びれないのだ。

 小学生の娘がいる都内在住38歳主婦は、娘のピアノの先生と不倫中である。

「夫が音楽関係の仕事をしていることもあり、娘の英才教育のため、有名なピアノスクールに通わせました。夫は『先生には自宅でも指導してもらった方がいいね』と提案。これが不倫のきっかけになりました。今は娘が練習する部屋の隣でセックスしています。私も満たされていますが、娘のピアノも明らかに上達。何も知らない夫は、先生に感謝しています」

 子供の学校の連絡網も出会いのきっかけになる。都内在住の40代主婦はこう言う。

「娘が通っていた小学校はクラスごとに連絡先の一覧を配っていますが、電話番号のほか、保護者のメールアドレスも記載されていました。当然、母親のアドレスであることが多い。ある日、娘の友達のお父さんからメールが来たんです。『リビングに貼ってある連絡網を見て連絡しました』って。最初はクラスのことなどを相談するようなメールだったのですが、だんだん違う方向に話が展開するようになって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る