今井絵理子“略奪不倫”騒動 「一線」はどこからアウト?

公開日:

「一線は越えていない」――。「週刊新潮」に“略奪不倫”を報じられた今井絵理子参院議員(33)と橋本健神戸市議(37)は、7月27日の釈明・謝罪会見でそろってそう言い張った。

 ホテルやマンションに「お泊まり」。新幹線の車内で、はばかりなく手をつなぐ熟れ頃のカップルが、清らかな関係を続けられるのか。

 さらに橋本氏は現在、離婚調停中であることを明かし、こう主張した。

「調停中で、婚姻関係が破綻している場合、仮に一般的に『不貞行為』といわれるものがあったとしても、それは該当しないという知識があった」

 だったら何故、2人はカマトトぶっているのか。公僕である市議と国会議員が肉体関係にあったという生々しさを隠したいがゆえの「倫理的な言い訳」として「一線は越えていない」ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る