• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今井絵理子“略奪不倫”騒動 「一線」はどこからアウト?

「一線は越えていない」――。「週刊新潮」に“略奪不倫”を報じられた今井絵理子参院議員(33)と橋本健神戸市議(37)は、7月27日の釈明・謝罪会見でそろってそう言い張った。

 ホテルやマンションに「お泊まり」。新幹線の車内で、はばかりなく手をつなぐ熟れ頃のカップルが、清らかな関係を続けられるのか。

 さらに橋本氏は現在、離婚調停中であることを明かし、こう主張した。

「調停中で、婚姻関係が破綻している場合、仮に一般的に『不貞行為』といわれるものがあったとしても、それは該当しないという知識があった」

 だったら何故、2人はカマトトぶっているのか。公僕である市議と国会議員が肉体関係にあったという生々しさを隠したいがゆえの「倫理的な言い訳」として「一線は越えていない」ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る