今井絵理子“略奪不倫”騒動 「一線」はどこからアウト?

公開日: 更新日:

「一線は越えていない」――。「週刊新潮」に“略奪不倫”を報じられた今井絵理子参院議員(33)と橋本健神戸市議(37)は、7月27日の釈明・謝罪会見でそろってそう言い張った。

 ホテルやマンションに「お泊まり」。新幹線の車内で、はばかりなく手をつなぐ熟れ頃のカップルが、清らかな関係を続けられるのか。

 さらに橋本氏は現在、離婚調停中であることを明かし、こう主張した。

「調停中で、婚姻関係が破綻している場合、仮に一般的に『不貞行為』といわれるものがあったとしても、それは該当しないという知識があった」

 だったら何故、2人はカマトトぶっているのか。公僕である市議と国会議員が肉体関係にあったという生々しさを隠したいがゆえの「倫理的な言い訳」として「一線は越えていない」ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る