• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ話題 “過保護女子”の生態をキム・ミョンガン氏解説

 朝起きたら、ママに服を選んでもらって、クルマで送り迎え……。

 幼稚園児のことではない。ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)の主人公のこと。就活中の女子大生を巡って、SNS上では、「社会人になってもママにお弁当作ってもらってるし」「服は誰かに決めてもらわないと決められないとか、交通費は全部親からとか……」と共感する女性の投稿が相次いでいるのだ。

「おいおい」と突っ込みたくなるが、ドラマみたいな家庭で育つ女性は決して珍しくないという。性に関する相談窓口「せい相談所」代表のキム・ミョンガン氏が言う。

「ある30代の男性相談者の話では、初めてベッドインした女性が『お母さーん』と叫んで驚いたと話していました。その女性も母に過保護に育てられ、『なんで叫んだの?』という彼の問いに『こういうことをして、お母さんに申し訳ないから』と答えたといいます。過保護の親は、すべての面で自分の理想を追求。そのひとつが性的な部分です。母親の男性経験が少ないと、テレビでラブシーンが流れたりすると、チャンネルを替えられる。娘はそういう場面に何度となく出くわすことで、“セックス=はしたないこと”という刷り込みがなされるのです。一事が万事、その繰り返しですから、過保護の娘は概して“人生の経験値”が低い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る