斉藤由貴は2年前の写真が流出 不倫に“時効”はあるのか?

公開日:

 政治家や芸能人の不倫スキャンダルが後を絶たない。相模ゴム工業の「ニッポンのセックス」調査によると、結婚相手・交際相手がいる人の2割以上が特定・不特定の相手と浮気をしていた。

不倫や浮気は決してレアなケースではないし、次々と明らかになるのも当然だろうが、たとえば斉藤由貴(51)と不倫相手の医師との“破廉恥”写真は、2年前に撮られたものだという。斉藤は、写真の存在が表に出たことで不倫の事実を認めたが、そもそも不倫に時効はないのか?

 不倫の場合、配偶者は不倫相手に慰謝料を請求できる。たとえそれが何十年も前の浮気だとしても、可能なのだろうか。山口宏弁護士がこう言う。

「第三者同士の慰謝料請求(配偶者から不倫相手)は、3年で消滅時効になります。ただしこれは、被害者が損害および加害者を知ってからの期間です。浮気・不倫が始まってからの期間ではありません。浮気や不倫の除斥期間は20年間です。配偶者がこの間に不貞行為の事実を知り、3年以内に慰謝料を請求すれば、認められます。20年過ぎなければ、“チャラ”にはならないわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る