斉藤由貴は2年前の写真が流出 不倫に“時効”はあるのか?

公開日:

 政治家や芸能人の不倫スキャンダルが後を絶たない。相模ゴム工業の「ニッポンのセックス」調査によると、結婚相手・交際相手がいる人の2割以上が特定・不特定の相手と浮気をしていた。

不倫や浮気は決してレアなケースではないし、次々と明らかになるのも当然だろうが、たとえば斉藤由貴(51)と不倫相手の医師との“破廉恥”写真は、2年前に撮られたものだという。斉藤は、写真の存在が表に出たことで不倫の事実を認めたが、そもそも不倫に時効はないのか?

 不倫の場合、配偶者は不倫相手に慰謝料を請求できる。たとえそれが何十年も前の浮気だとしても、可能なのだろうか。山口宏弁護士がこう言う。

「第三者同士の慰謝料請求(配偶者から不倫相手)は、3年で消滅時効になります。ただしこれは、被害者が損害および加害者を知ってからの期間です。浮気・不倫が始まってからの期間ではありません。浮気や不倫の除斥期間は20年間です。配偶者がこの間に不貞行為の事実を知り、3年以内に慰謝料を請求すれば、認められます。20年過ぎなければ、“チャラ”にはならないわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る