• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米国で話題 10代のマリファナ喫煙がたばこを超えた理由

 アメリカでは10代の喫煙が減り続けている代わりに、マリフアナの喫煙が増えているというニュースが大きな話題になっています。

 アメリカ国立衛生研究所が全米の4万4000人の高校生を対象にした調査によると、高校3年生の23%が「過去30日以内にマリフアナを吸引した」と答えており、電子たばこなどの吸引機器17%、巻きたばこ10%を大きく上回っていることが分かりました。

 特に激減しているのが巻きたばこで、毎日喫煙する高校3年生は1996年には25%だったのに比べ、2017年は4%にとどまっています。10代がたばこよりマリフアナに魅力を感じるのには理由があります。

 アメリカの喫煙率は全年齢で17%まで下がっていますが、24歳以下の若者になると14%にまで減少。これは、たばこががんの原因になることが広く周知されたことによるものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る