小池都政と民意<中>「従業員雇っていれば全面禁煙はいくらなんでもやり過ぎ」

公開日: 更新日:

 4月20日に東京都が示した受動喫煙防止条例の骨子案は、従業員がいる飲食店は原則屋内禁煙という極めて厳しい内容となった。都内の約84%の店が規制対象となる。飲食業界にとって、都の骨子案はとても納得できるものではない。

 15日に行われた「意見交換」の場で、7組合のメンバーから再考を促す声が相次いだ。

「条例が施行されれば様々な問題が予想される。営業不振や廃業を危惧する声も出ている」

「従業員を一人でも雇っていれば禁煙というのは、いくらなんでもやり過ぎ。人を雇わなきゃ商売できない。勘弁してほしい」

 知事に渡した要望書には、条例施行後の問題点が列記されている。

〈条例により、従業員を雇用している飲食店が全面禁煙となると、事業者は、従業員の解雇か禁煙かの選択を迫られることになり、雇用確保にも甚大な影響が発生し、お客様ニーズに応えることができなくなる〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る