小池都政と民意<下>小池知事の強権手法に異を唱えた杉並区長

公開日: 更新日:

 都庁で飲食組合らとの意見交換が行われた5月15日の午後、都内で開かれた特別区長会総会に小池知事が出席し、各区の区長と受動喫煙防止条例の骨子案などについて意見交換が行われた。昨年9月に公表した「基本的な考え方」をめぐる意見交換以来のことで、今回の骨子案が発表されてからは初めてだった。

 小池知事は会合後、「たくさん質問も出ていい機会だった」と感想を述べていたが、すべての区長が小池流の進め方に同意しているわけではない。報道陣の前で「疑問に対して説明がなかった。改めて説明の場を設けてほしい」と拙速な進め方に異を唱えたのは杉並区の田中良区長だ。骨子案の内容についても疑問を呈した。

 そのポイントは①一律規制の有効性②喫煙所設置場所の仕分けのあいまいさ③国と基礎自治体の主体性④世界の潮流論の客観性の4点だ。区長の言い分のエッセンスはこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る