• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池都政と民意<下>小池知事の強権手法に異を唱えた杉並区長

 都庁で飲食組合らとの意見交換が行われた5月15日の午後、都内で開かれた特別区長会総会に小池知事が出席し、各区の区長と受動喫煙防止条例の骨子案などについて意見交換が行われた。昨年9月に公表した「基本的な考え方」をめぐる意見交換以来のことで、今回の骨子案が発表されてからは初めてだった。

 小池知事は会合後、「たくさん質問も出ていい機会だった」と感想を述べていたが、すべての区長が小池流の進め方に同意しているわけではない。報道陣の前で「疑問に対して説明がなかった。改めて説明の場を設けてほしい」と拙速な進め方に異を唱えたのは杉並区の田中良区長だ。骨子案の内容についても疑問を呈した。

 そのポイントは①一律規制の有効性②喫煙所設置場所の仕分けのあいまいさ③国と基礎自治体の主体性④世界の潮流論の客観性の4点だ。区長の言い分のエッセンスはこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る