東京都受動喫煙防止条例成立への危惧

公開日:

 受動喫煙防止をめぐる規制強化の動きが佳境を迎えている。国の健康増進法改正案が衆院を通過したのに続き、きのう(25日)の都議会厚生委員会では国よりもはるかに厳しい内容の東京都受動喫煙防止条例案が可決されたのである。厚生委員会では、自民、共産が独自の修正案を提出したが否決され、最大勢力の都民ファーストの会と公明、共産の賛成で原案が可決された。反対は自民の3委員だけだった。

 27日の本会議で採決が行われるが、賛成多数で成立する見込みだ。小池百合子都知事は条例案提出にあたり、12日の本会議での所信表明演説で「人に着目した都独自のルール」「健康ファースト」と強調した。しかし、委員会では自民委員が①条例案提出までの手続き②国の法案との整合性③条例の実効性について都側を追及したが、議論がかみあわず誰もが納得のいくような答弁は最後までなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る