日本は痴漢が多くて満員電車の中や階段でお尻や胸を…

公開日: 更新日:

韓佳さん(中国出身)

 日本で生活していて、いちばんビックリしたのはエロ雑誌が多いことです。エッチな裸の写真が載った雑誌が電車の中に残されていたり、コンビニに行ってもいっぱいあります。中国では考えられません。だれの目に触れるか分からないところにエロはありません。日本人、ホントにスケベなんですね。

 え? 記者さんもですか。正直ですね。それに日本は痴漢が多いです。これ、ホントですよ。駅の階段を上っていると、よくお尻を触られます。それも巧妙に触ってくるから、振り向いても、だれが触ったのかわからない。満員電車の中でも、よくお尻を触られるし、私の胸にひじをグイグイ押しつけてくる男の人もいます。怖いから声は上げません。自分で車両を移動しちゃいます。え? 私が魅力的だから? フフッ、記者さん、ウマイですね。

 一度なんかね、自転車に乗っていたら、後ろからバイクが近づいてきて、いきなり私の胸をムギュムギュッてして、サーッと行っちゃった。私、最初、自転車のカゴの中のバッグを取られるのかと心配だったから、思わず「そっちかよ!」って言ってしまいましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る