日本は痴漢が多くて満員電車の中や階段でお尻や胸を…

公開日: 更新日:

韓佳さん(中国出身)

 日本で生活していて、いちばんビックリしたのはエロ雑誌が多いことです。エッチな裸の写真が載った雑誌が電車の中に残されていたり、コンビニに行ってもいっぱいあります。中国では考えられません。だれの目に触れるか分からないところにエロはありません。日本人、ホントにスケベなんですね。

 え? 記者さんもですか。正直ですね。それに日本は痴漢が多いです。これ、ホントですよ。駅の階段を上っていると、よくお尻を触られます。それも巧妙に触ってくるから、振り向いても、だれが触ったのかわからない。満員電車の中でも、よくお尻を触られるし、私の胸にひじをグイグイ押しつけてくる男の人もいます。怖いから声は上げません。自分で車両を移動しちゃいます。え? 私が魅力的だから? フフッ、記者さん、ウマイですね。

 一度なんかね、自転車に乗っていたら、後ろからバイクが近づいてきて、いきなり私の胸をムギュムギュッてして、サーッと行っちゃった。私、最初、自転車のカゴの中のバッグを取られるのかと心配だったから、思わず「そっちかよ!」って言ってしまいましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

もっと見る