西村寛童
著者のコラム一覧
西村寛童吉原金瓶大黒楼 16代目当主

1965年生まれ、遊郭時代から200余年続く、今紫太夫で知られる「吉原金瓶大黒楼」16代目当主。笑いあり涙ありの自叙伝的小説「吉原金瓶大黒物語」(上・下)刊行予定。職人技巧のカスタム時計や家具を手がけ、古来から伝わる和美術の漆喰鏝絵(しっくいこてえ)彫匠を初代仁伍から継承し、新ブランド「ZIN 50―50」を設立(香港に本店工房)。

月収2000万円!「吉原の横綱」の見事な復活

公開日: 更新日:

「君はあの鳴海だろ?」

 俺が唐突に問うと、女は黙ってうなずいた――。鳴海は若い頃から超高級店を渡り歩き、吉原ナンバーワンの称号を得て、「横綱」と異名を取っていた。全盛期には月収2000万円も稼いでいたほど。いやはやすさまじいよな。

 その鳴海がスカイダイビングの事故を起こし、プッツリと音沙汰がなくなった。もう吉原を引退したのかなと誰もが思っていた。ところがどっこい、伝説の女が俺の前に現れたんだ。10年ほど前のことだ。初めはまったく鳴海だと気づかなかった。だって、その女は丸々と太り、ナンバー入りするとは到底考えもしなかったからね。

 でも、当時の俺は本店の再建にしゃかりきで、店の女の子は現在、金瓶梅社長に就任した女頭目・美帆と石油王国の名残美女・桜以外は総入れ替えしていた。その肥満気味の女に、俺の直感が反応したのかもしれない。雇うことにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る