西村寛童
著者のコラム一覧
西村寛童吉原金瓶大黒楼 16代目当主

1965年生まれ、遊郭時代から200余年続く、今紫太夫で知られる「吉原金瓶大黒楼」16代目当主。笑いあり涙ありの自叙伝的小説「吉原金瓶大黒物語」(上・下)刊行予定。職人技巧のカスタム時計や家具を手がけ、古来から伝わる和美術の漆喰鏝絵(しっくいこてえ)彫匠を初代仁伍から継承し、新ブランド「ZIN 50―50」を設立(香港に本店工房)。

オープン直前 “総額20万円”ソープランドの話をしよう

公開日: 更新日:

 いとしくて抱きしめてやりたくなる女がいる。どんな逆風に踏みにじられても晴天の笑顔を持って這い上がってくる女もいる――。長年、吉原の郭(ソープ)業界に身を置いてきたからわかる、ありのままの女たちの姿を話してみようと思う。新しい時代にあるべき“頂の向こう=新吉原”が見えてくる気がするんだよ。

 まずはオープン直前の総額20万円ソープの話をしようか。その名も「ソープランド・トーキョー」。値段を聞いて「そんな高額なお店に通うお客っているの?」といぶかしむ人も多いだろう。でも考えてみなよ。いい女と一晩中一緒にいて、ハイソな夕食をともにして高級ホテルを利用したら、そのくらいはかかるよね?

 この店は後部座席にテレビ、冷蔵庫、バー付きの高級外車での送迎があり、女の子の就業後の連れ出しもかなうという粋な計らいが売りなんだ。要するに、遊郭時代にタイムスリップして極上の女と恋人気分を満喫してほしいわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る