<29>官能小説の打ち合わせを延々続けた某誌編集長のその後

公開日: 更新日:

「野性時代」の新人文学賞を受賞した「リリーちゃんとお幸せに」は、漫画原作者で牛ちゃんと呼ばれる牛島が主人公。子供の小児ぜんそくがきっかけで東京の練馬から熱海に戻ってきたという設定だ。20年近く前に同地の洋食屋でコックをしていたこともある。かつてはバンドでベースを弾いていた。

 このあたりは自身の経歴そのままだが、名前が本名の牛込となっていないように、もちろんフィクション。虚実ないまぜで、ストリップ劇場やトルコ風呂(現ソープランド)などに生きる人たちを活写している。ほろ苦くも悲しいが、クスッとせずにはいられない。独特の世界観で描いた傑作だ。

 この頃は官能小説も執筆していたが、閉口させられたこともあったという。

「SM雑誌の一歩手前みたいなエロ小説の雑誌の編集長だったんだけど、これがもう会った時から帰るまで、延々とネタの打ち合わせをするんだよ。何時間も。さすがにゲロが出るぐらい疲れちゃって、『もうよそに飲みに行こうよ』って誘ったら、そこでも続けるんだから、死んじゃうかと思ったね。しかもさあ、中身もすごいんだよ。『次回はツーウエーでいきますか』って言うから、何それって聞いたら『こうですね、アナルとバギナの両方を2人でやるのがツーウエーでして』って、こんな話をずうーっとだからね。『いや?、あなたはホント、好きだよね? 編集をやってるよりも、あなた自身が書いたほうがいいよ』って言ったよ。そしたら本当に作家になっちゃって、すぐに売れたね。あれだけ好きだと、やっぱ違うんだな。俺たちは『たまにはここでもいいかな』ってぐらいの気持ちで書くんだけど、この人は、その世界から一歩も外に出ない。すごいなって思ったもん」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い