カリスマ社長殺害で余波 「餃子の王将」は経営悪化するのか

公開日: 更新日:

 いまだに犯人逮捕の手掛かりがつかめない「餃子の王将」の大東隆行社長(72)の殺害事件。市場は、カリスマ経営者の急死による経営不安を懸念している。

 死亡のニュースが伝わった19日、株価は3110円から2951円へと急落した。驚くのは出来高だ。19日の売買出来高は、前日の2万8600株から、203万6000株へと100倍近くに膨れ上がった。その後も40万株前後の出来高が続いている。

「市場が動揺するのも当然です。やり手の大東社長は、ひとりで〈餃子の王将〉を引っ張ってきた。創業家が経営に失敗し、4代目社長に就任した00年当時、有利子負債は470億円もあり倒産寸前でした。いま借り入れは100億円を切っています。店舗数も450から670に増やし、売上高も743億円(13年3月期)と就任前の2倍。過去最高を記録しています」(兜町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る