カリスマ社長殺害で余波 「餃子の王将」は経営悪化するのか

公開日: 更新日:

 いまだに犯人逮捕の手掛かりがつかめない「餃子の王将」の大東隆行社長(72)の殺害事件。市場は、カリスマ経営者の急死による経営不安を懸念している。

 死亡のニュースが伝わった19日、株価は3110円から2951円へと急落した。驚くのは出来高だ。19日の売買出来高は、前日の2万8600株から、203万6000株へと100倍近くに膨れ上がった。その後も40万株前後の出来高が続いている。

「市場が動揺するのも当然です。やり手の大東社長は、ひとりで〈餃子の王将〉を引っ張ってきた。創業家が経営に失敗し、4代目社長に就任した00年当時、有利子負債は470億円もあり倒産寸前でした。いま借り入れは100億円を切っています。店舗数も450から670に増やし、売上高も743億円(13年3月期)と就任前の2倍。過去最高を記録しています」(兜町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る