「貿易赤字の恒常化」前提にしない政策の無意味

公開日: 更新日:

 安倍首相の歴史認識、時代認識は、やはり狂っているようだ。2013年に過去最大となった貿易赤字について、参院の代表質問で「この状態が恒常化するとの見通しは持っていない」と強調した。「一時的なショック」と捉えているらしいのだ。

 本気でそう捉えているのだとしたら、恐ろしい。経済政策にタッチする資格はないだろう。
 貿易赤字は、何も昨年に始まったことではない。3年間も継続している。むしろ恒常化する流れに乗っているのだ。

 歴史を振り返れば、先進国はみな同じ道をたどっている。日本だけが例外ではない。経済が発展すれば、物価も賃金も上昇する。それに伴って生産コストも膨らむ。同じように利益を上げるのは難しくなるのだ。そのため企業は、地価や賃金の安い地方を目指すようになる。それでも間に合わなければ海外移転だ。その結果、輸出は減り、輸入は増えていく。貿易赤字の拡大は、避けて通れない道である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る