東大も早慶も…さっそく始まった有名大「小保方さん争奪戦」

公開日: 更新日:

「興奮するような驚きの発見」「本当に革命的」――。世界から称賛を浴びている理化学研究所の小保方晴子さん(30)をめぐって、早くも各大学が獲得合戦に乗り出そうとしている。ポストや施設を用意して招聘する構えなのだ。

 大学関係者が言う。
「何としても獲得したがっているのが東大です。世界を震撼させた小保方さんを研究者に迎えれば、現在32位の世界大学ランキングを一気に引き上げることができる。東大ブランドと小保方さんの名前で、企業からばんばんお金が集まります。彼女のために、千葉の柏キャンパスに大型の研究施設を造ることも検討しているようです」

 東大にとって強力なライバルなのが京都大学だ。ここにはiPS細胞でノーベル賞を取った山中伸弥氏がいる。「万能細胞はこちらのお家芸だ」という自負があるため、かなり強引な獲得戦を展開しそう。山中さんが小保方さんに直談判して迎え入れるという見方も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る