市場は熱気ムンムン 猛暑関連「25銘柄」で懐もアツくなろう

公開日: 更新日:

 岐阜県や京都府で最高気温が40度に迫るなど、日本は猛暑列島と化している。兜町も夏枯れでグッタリかと思ったら、意外にもアツい相場が出現していた。

「猛暑銘柄の勢いが止まりません。3日はアイス関連の森永乳業やビールのキリンHD、緑茶飲料の伊藤園などが年初来高値を更新しました。この大波に乗らないともったいない」(証券関係者)

 3日の日経平均は前週末比で37円下落した。全体相場が重たいなかで、猛暑銘柄は元気いっぱいなのだ。

「冷菓製造の江崎グリコや冷却シートの小林製薬も株高傾向がクッキリです。暑さが落ち着くまで上昇は続くと思っていいでしょう」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 製氷機のホシザキ電機、「ポカリスエット」の大塚HD、ペットボトル関連の東洋製缶HDや日本触媒、飲料に香りを加える長谷川香料、日焼け止め原料に絡む堺化学工業、日傘のムーンバットなど猛暑関連は軒並み値を上げている(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る