重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

東京の新名所なるか? 東京ガーデンテラス紀尾井町の成否

公開日: 更新日:
総事業費は1000億円以上(C)日刊ゲンダイ

 果たして東京の新名所のひとつとなるのか。西武グループが総事業費約1040億円を投じて進めてきた旧グランドプリンスホテル赤坂(通称・赤プリ、東京都千代田区)跡地の再開発事業が完成。ホテルやオフィス、賃貸住宅などからなる複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」として、きょう27日、全…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  9. 9

    嵐、小倉智昭、安藤優子…東京五輪“花道卒業”総崩れの後味

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る