27期連続増益 埼玉発やきとり「ひびき」ユニーク経営理念

公開日: 更新日:

 サラリーマンのちょっと一杯に欠かせないやきとりは、急速な多店舗化を進める業界のガリバー鳥貴族でさえ業績に黄信号がともるほど、外食産業では“レッドオーシャン”といわれている。

 そんななか、27期連続で増収増益を続けるやきとりチェーンが埼玉にある。埼玉県東松山名物のやきとん、味噌ダレやきとりを提供する株式会社ひびきは、埼玉県を中心に東京、シンガポール、イタリアに、イートイン、テークアウト店の運営(32店舗)のほか、味噌ダレなどの食品加工を展開している。好調の秘密はどこにあるのだろうか。社長の日疋好春氏(47=写真)に話を聞いた。

「おかげさまで着実に数字を重ねてきましたが、急激な成長を望んでいません。緩やかな成長を理想としているので、あまり利益を追求しないようにやっています。メディアなどに取り上げられると、特需的に売り上げが伸びることがありますが、急に上がって翌年下がると銀行さんには対前年比で見られるので、一昨年の数字よりよくても通用しないわけです。ですから、利益がたくさん出そうなら、前倒しで人を採用したり、設備に投資したりしています。目指すところは“面白みのない会社”です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る