品揃えはアマゾンだが…ネット総合通販は使い分けが○

公開日: 更新日:

 ネット通販は、ユニクロやイトーヨーカドーなど「メーカー通販」と、アマゾンなど「総合通販」に分かれる。総合通販の売り上げランキングトップはアマゾンで、年間1兆3000億円余りを売り上げる。

 通販新聞社が今年7月に調査した「第70回通販・通教売上高ランキング調査」によれば、1位は断トツで「アマゾン」。売上高(2017年6月~18年5月)は1兆3360億円(楽天は4.4万店舗の集合体のためランク外)。2位の「アスクル」(3604億円)を大きく引き離している。

■家電は本家で買うべし

 アマゾンは、食料・家電・衣類・日用品から、パーティーグッズや大人のおもちゃまで、幅広いラインアップが特徴だ。

「アマゾンの場合、大手百貨店に加えて、ドン・キホーテと紀ノ国屋が合体したようなイメージ。プライム会員なら『当日お急ぎ便』で、即日配達も可能です。また、一般会員でも2000円以上なら送料もかからないので、水や米、トイレットペーパー、洗剤など過不足なくまとめ買いに適しているのが支持されている理由でしょう」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  7. 7

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

  8. 8

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

もっと見る