ドコモからワイモバイルに乗り換えたら年5万2812円の節約

公開日: 更新日:

 来年10月から消費税が10%に引き上げられる。年収別の負担増分を試算すると、年金世帯(200万~300万円)で3.9万円増、標準世帯(500万~600万円)が5.1万円増、都市圏の平均世帯(700万~800万円)が6万円増となる。これを何とかするため、日刊ゲンダイ記者が手分けして「固定費」の削減を試みた。1回目は「携帯電話代」だ。

 菅官房長官が大手携帯会社の料金に対し、「4割程度下げる余地がある」と圧力をかけている。これ自体は喜ばしいことだが、実際に下がるのは来年10月以降のこと。そう、消費税率アップのガス抜きが狙いだ。

 その前に何としてでも家計の負担を減らしたい。記者の家庭の10月分のドコモ携帯電話の引き落とし金額は3万2300円。本人と40代妻、中学3年の娘の3台のスマホとiPad1台の合計で、記者のみの携帯代は7284円(月額=以下同)だ。自分が悪いのだが、一度も使ったことのない映像や音楽配信料金も入っていた。携帯端末は2年以上使っているので、分割払いはすでに終了している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  7. 7

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  8. 8

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る