ドコモからワイモバイルに乗り換えたら年5万2812円の節約

公開日: 更新日:

 来年10月から消費税が10%に引き上げられる。年収別の負担増分を試算すると、年金世帯(200万~300万円)で3.9万円増、標準世帯(500万~600万円)が5.1万円増、都市圏の平均世帯(700万~800万円)が6万円増となる。これを何とかするため、日刊ゲンダイ記者が手分けして「固定費」の削減を試みた。1回目は「携帯電話代」だ。

 菅官房長官が大手携帯会社の料金に対し、「4割程度下げる余地がある」と圧力をかけている。これ自体は喜ばしいことだが、実際に下がるのは来年10月以降のこと。そう、消費税率アップのガス抜きが狙いだ。

 その前に何としてでも家計の負担を減らしたい。記者の家庭の10月分のドコモ携帯電話の引き落とし金額は3万2300円。本人と40代妻、中学3年の娘の3台のスマホとiPad1台の合計で、記者のみの携帯代は7284円(月額=以下同)だ。自分が悪いのだが、一度も使ったことのない映像や音楽配信料金も入っていた。携帯端末は2年以上使っているので、分割払いはすでに終了している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る