AIを駆使する機電一体メーカー「オークマ」に注目

公開日: 更新日:

 機械技術と電子技術の両面で活躍する「機電一体化」メーカーのオークマ(6103)に注目する。

 創業は1898(明治31)年。大隈栄一氏による大隈麺機商会の立ち上げだった。その名から分かるように製麺機の製造・販売がスタート。1904年に工作機械の製造を始めている。同社のホームページによると、37年に工作機械の生産額で国内トップとなった。

 63年にNC(数値制御)装置「OSPシリーズ」を自社開発し、機電一体メーカーとなっている。主力製品の自動車や航空機向けの「マシニングセンタ」は、工具の選択・自動交換を行い、穴開けや面削りなど複数の加工を1台でこなす。

 ここ数年は、人工知能(AI)を活用した工具の開発に力を入れる。

 NECと共同開発した「OSP―AI加工診断」は、振動などから工具の摩耗状態をグラフなどで「見える化(可視化)」。切削時に異常が起きた場合、システムが素早く察知して、加工中の金属と工具を自動的に切り離して停止する。そのため刃先の損傷は最小限に抑えられ、金属粉の詰まりを防げる。その結果、生産ストップは短時間なうえ、工具の寿命は最大4割程度伸ばせるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る