前田浩司
著者のコラム一覧
前田浩司不動産コンサルタント

1967年生まれ。大阪体育大学硬式野球部でエースとして活躍。元大手マンション販売会社の取締役営業部長。現在は、不動産コンサルティング「ラソ・トラスト」代表。著書に「不動産投資 騙しの手口」(秀和システム)がある。

不動産投資で騙されたくない 営業マンを選ぶ3つのポイント

公開日: 更新日:

 サラリーマン大家として悠々自適に暮らしたい。2018年の商業用不動産投資は2年連続で4兆円の大台を突破した。だが、不動産投資は素人が気軽に手を出していいものでもない。大手マンション販売会社で営業部長を務めた前田浩司氏が、営業マンの手口、不動産業界のカラクリについて解説する。

 ◇  ◇  ◇

 18年に話題となった投資用物件「かぼちゃの馬車」事件。「30年間家賃保証、利回り8%以上」といった甘い誘いに多くの人が身の丈に合わないローンを組まされていた。販売元のスマートデイズが経営破綻した後、スルガ銀行の不正融資も発覚している。

 すべての業者がこうではないが、不動産会社にはいい会社(営業マン)もあれば、悪い会社もある。信頼できる営業マンはどんなタイプか?

■派手だが身なりがきちんとしている

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る