専門家が「今年が最後の好機」“負動産”を“富動産”に変える

公開日: 更新日:

 今年10月から消費税が10%に増税され、2020年にはいよいよ東京五輪が開催される。ちまたで囁かれるように、いよいよ不動産価格はピークを迎えるのか。「『負動産』マンションを『富動産』に変えるプロ技」(小学館)の著書がある、マンショントレンド評論家でマンション管理士の日下部理絵さんに話を聞いた。

「建築資材や人件費などの建築費は依然高く、日銀の黒田総裁の任期である2023年までは金融緩和が続く見通しなので、大きく崩れるとは考えにくいです。ただし、それは都心のマンションに限っての話。人口減少が著しい地方の物件、駅から距離のある物件、旧耐震といわれる1981年以前の物件に関しては、値下がりする『負動産』になる恐れがあるので注意した方がいいでしょう。もし、こうした物件を所有していて、処分したいとお考えのようでしたら、今年がチャンスではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る