バブル崩壊で“腐動産”に…越後湯沢エリアに再び注目の理由

公開日: 更新日:

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、いま注目しているのが新潟・越後湯沢周辺だ。越後湯沢といえば、1990年前後に多くのリゾートマンションが開発された。しかし、バブル崩壊後、買い手がつかない「腐動産」エリアといわれるようになって久しい。

「当時、私もこの辺りのマンションの広告を手掛けていました。練馬のマンションと変わらない坪単価でしたから、内心、誰が買うのかと首をかしげていましたが、飛ぶように売れていきました。購入者の多くが、団塊の世代より上の人たちです。それがいまや買い手がつかない状況にあります。私はこうしたマンションに泊まりに行きましたが、おじいちゃん、おばあちゃんが浴衣を着て大浴場に行く姿を見て、温泉旅館かと思ったほどです」

 売るに売れないのをいいことに、所有者に法外なお金を支払わせて引き取る行為が横行。なかには、譲り受けた相続人が登記しないケースや管理費、修繕積立費の滞納などの問題も抱えている。なぜ、このエリアに将来性を感じるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る