初のインド系区議よぎ氏はなぜTOKYOで政治家を志したのか

公開日: 更新日:

 インバウンド(訪日外国人)ビジネスが急成長しているなか、日本政府は人手不足に対応するために4月から外国人労働者の受け入れも始めた。定住外国人が増加する実質的な移民政策だが、政府や地方自治体は外国人との共生社会づくりに及び腰である。

 そのような中、全国地方統一選挙(東京都江戸川区議会議員選挙)で初当選した「よぎ」さん(41)は、外国人と日本人の架け橋を目指すとして日本初のインド系政治家となった。得票数は区議会議員定員44議席のなかで5番目の6477票と、立憲民主党の公認候補ではトップの得票だった。当選直後のよぎさんに話を聞いた。

■海外のリトル・インディア

 ――よぎさんが政治家を志した理由は何でしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る