藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

“○○ペイ”の乱立で儲かる「インテリジェント ウェイブ」

公開日: 更新日:

 先週の東京株式市場は、米中通商摩擦からの世界経済失速の懸念から、軟調な地合いが続きました。

 トランプ米大統領は、日本での観光旅行を終えて帰国しましたが、中国との通商摩擦は簡単には決着がつきそうになく、しばらく大型株は軟調地合いが続きそうです。

 このような地合いの中では、為替相場に左右されにくく、内需の好業績株に投資家の注目が集まりそうです。

 今回ご紹介するのは、カード決済システムの圧倒的ガリバー企業のインテリジェント ウェイブ(4847、東証1部=投資金額約8万円)です。

 インテリジェント ウェイブは、大日本印刷が約5割の株式を持つソフト開発会社です。クレジットカードの決済処理分野において国内トップシェアを誇る自社製パッケージソフトウエア「NET+1」が収益の過半を占めています。国内大手1社を除くほとんどのカード会社に採用されており、国内クレジットカード利用の約7割は同社のシステムで決済されています。カード会社によって、カード会社ごとに仕様が異なっているので、カスタマイズの受託も多く、大きな収益源となっています。最近では、クレジットカードの不正利用を検知・防止するソフトウエアシステム「ACEPlus」も数多くのカード会社に採用されています。このようなシステムは継続率が非常に高く、安定して収益源となっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る