山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

花粉治療薬シダキュアの売上増に期待かかる「鳥居薬品」

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領は、メキシコからの全輸入品に、今月10日から5%の制裁関税をかけると表明した。メキシコが米国への不法移民対策を講じない場合、制裁関税は7月から毎月5ポイントずつ加算され、10月には最大25%になるという。

 トランプ政権は先月17日にメキシコとカナダの鉄鋼・アルミ製品に対する制裁関税を解除したばかり。株式市場は今回のトランプ大統領の「ちゃぶ台返し」の意図を測りかねている。

 だが、メキシコに対する制裁関税が実際に発動された場合、企業業績の下振れリスクはまだ株価にほとんど織り込まれていない。その点では、これまで以上に貿易戦争の影響を受けにくい銘柄への資金シフトが進むと予想される。

 鳥居薬品(4551)はJTの子会社。今期は米ギリアド・サイエンシズ社の抗HIV薬の独占販売権の譲渡に伴い、432億円の特別利益が発生する。一方、全売り上げの3分の1に相当する200億円超の売り上げ減少となるため、契約社員を含む従業員の3割(約400人)を削減する方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る