令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

公開日: 更新日:

 平成最後の上場企業の倒産は、山形県に本社を置くパン・ラスク製造のシベール(ジャスダック)だった。今年1月に民事再生法を申し立て、事実上、倒産した。負債総額は約19億円。

 令和最初の倒産劇はどこか? 市場が騒ぎ始めている。東京商工リサーチは先週、2019年3月期決算の上場企業を対象とした「継続企業の前提に関する注記」調査を公表。調査対象の2417社のうち、継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン=GC注記)を決算短信に記載したのは21社あった。GC注記ほどではないが、事業継続に重要な疑義がある場合に記載する「重要事象」は37社。合計58社だ。

「市場はGC注記と重要事象のついた会社を“危ない会社の予備軍”とみています。実際、過去の倒産を見ると、どちらかが記載された企業が多いのです」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る