円高・株安の嵐 日銀“ETF爆買い”で「債務超過」に現実味

公開日: 更新日:

 円高・株安の流れが勢いづいてきた。米中貿易戦争が長引く中、トランプ米大統領は先月30日、不法移民対策への不満から、すべてのメキシコ製品に輸入関税を課すと表明。日米両市場の株価は下落し、急激な円高が進行している。日経平均は2万円割れ寸前。爆買いを続け、身の丈を超えた株を保有する日銀がいよいよ「債務超過」に陥ることも現実味を帯びてきた。

 トランプ大統領の関税表明を受けて、31日の日経平均の終値は前日比341円安、2万601円と約4カ月ぶりの安値を付けた。また、安全資産である円が買われ、急激な円高が進行。31日のNY外国為替市場は、1ドル=108円台前半と1月中旬以来の円高水準となった。

 3月の日銀短観によると、今年度の想定為替レートは108.87円(大企業製造業)だから、アッサリ突破してしまった。

「米中貿易摩擦が直撃の製造業を中心とする輸出関連企業にとって、この急激な円高は泣きっ面に蜂です。さらに、貿易摩擦の影響を受けにくい小売りや不動産など内需関連株も消費増税を控えて弱含み。原油安でエネルギー関連もパッとしない。悪材料ばかりが揃い、2万円割れも近いとみられています」(兜町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る