櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「エボラブルアジア」航空券予約サイト“エアトリ”が好調

公開日: 更新日:

 今年1月17日の当欄の注目株はHEROZ(4382)。

「元祖AI、本舗AIの同社はAI特化型の企業。第4次産業革命の中心はAI。金融・建設・エンターテインメントなど重点領域だ。100億の頭脳がつながる、という考え方もストンと落ちてこよう。最高峰のAIテクノロジーが未来を開いてくれれば上場来高値水準(分割考慮後)の2万円台復活も可能とみる」という内容だった。

 当時の株価は6970円。1月はクリスマス暴落を経て真っ暗だった市場展開で「安く買って」の場面。それが5カ月という時間軸で株価は2倍で、マーケットのヒーローとなった。

 相場には2種類の人がいる。一つは「タテ追い人」。時間軸を長くして銘柄を追いかける人だ。この人たちは買い目線なので下落はむしろ歓迎方向。一方は「ヨコ追い人」。上がってきた銘柄を追いかけるヒーロー追いの人。上がっている株がターゲットだから、上がり続けてくれないと儲からない。つまり、売りたい強気の売り目線。どちらかというと前者に幸多く、後者は労多くして益少なしみたいな印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)