山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

ビーガンブームの波に乗り「不二製油」の人工肉技術が開花する

公開日: 更新日:

 サッカーやゴルフがイギリス発祥のスポーツであることはあまりにも有名だ。

 さすがに大英帝国というだけあって、それ以外にもイギリス発祥の文化や社会制度は数多く存在する。最近、日本でもしばしば聞かれるようになった「ビーガン」もそのひとつ。

 ビーガンとは1944年につくられた造語で、「絶対菜食主義者」と訳されることが多い。それよりも100年ほど前に同じくイギリスで発祥したベジタリアンとの違いは、肉だけでなくチーズやバター、卵などの酪農製品も一切食べないことである。

 調査によって数値にバラつきはあるものの、ビーガンを自任する人は提唱国のイギリスが7%、米国6%、イスラエル5%、スウェーデン4%、スイス3%などで、日本でも2年前の調査で1%存在するという。

 米中貿易戦争の長期化もあり、欧米市場では新分野の成長株として植物由来の人工肉関連株が人気を集めている。ビーガン向けの食品やレストランが急増しているのも人気に拍車をかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る