社員との格差拡大 役員報酬“1億円プレーヤー”今年も続々

公開日: 更新日:

 株主総会シーズンに入り、今年も“1億円プレーヤー”の開示が始まっている。東京商工リサーチが、有価証券報告書(有報)を基にした「役員報酬1億円以上開示企業」調査(6月21日17時時点)を公表した。

 それによると、1億円プレーヤーがいるのは77社、182人。このうち、今期(2019年3月期)の決算で初めて1億円以上の報酬を受け取った役員は45人だった。

 現時点で報酬額トップは、ソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー副会長の32億6600万円。昨年の20億1500万円から12億円以上のアップだった。歴代でも6位に入る高額報酬だという。2~4位までソフトバンクGが続き、揃って10億円以上の報酬をもらっている。同社は合計7人が1億円プレーヤーだ。

「ソフトバンクGは10兆円ファンドを設立するなど、今や通信会社というより投資会社。ゴールドマン・サックスなど外資系金融機関から投資ビジネスを担う人材を引っ張ってきているため、高額化しています」(金融関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  8. 8

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  9. 9

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  10. 10

    20年で3倍強に!アメリカの大学「学費高騰」の本当の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る