社員との格差拡大 役員報酬“1億円プレーヤー”今年も続々

公開日: 更新日:

 株主総会シーズンに入り、今年も“1億円プレーヤー”の開示が始まっている。東京商工リサーチが、有価証券報告書(有報)を基にした「役員報酬1億円以上開示企業」調査(6月21日17時時点)を公表した。

 それによると、1億円プレーヤーがいるのは77社、182人。このうち、今期(2019年3月期)の決算で初めて1億円以上の報酬を受け取った役員は45人だった。

 現時点で報酬額トップは、ソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー副会長の32億6600万円。昨年の20億1500万円から12億円以上のアップだった。歴代でも6位に入る高額報酬だという。2~4位までソフトバンクGが続き、揃って10億円以上の報酬をもらっている。同社は合計7人が1億円プレーヤーだ。

「ソフトバンクGは10兆円ファンドを設立するなど、今や通信会社というより投資会社。ゴールドマン・サックスなど外資系金融機関から投資ビジネスを担う人材を引っ張ってきているため、高額化しています」(金融関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る