年商5億円キャバクラ経営からまさかの農業へ転身した理由

公開日: 更新日:

株式会社「日本野菜」高橋栄治社長(後編)

 20代でキャバクラ店を大成功させたが、30代では一転、農作物通販サイト「タダヤサイ」を始めた高橋栄治さん。農業も儲かるのか?

 ◇  ◇  ◇

 地元・埼玉や新宿・歌舞伎町でキャバクラ店を5店舗経営し、年商5億円と大成功した高橋さん。当時まだ20代、舞い上がって毎晩豪遊してもおかしくない状況だったが、高橋さんは冷静だった。本やネットで経済や経営の勉強をしたり、東京で起業家の集まるセミナーや勉強会に参加し、自分磨きに時間を費やす。ウハウハの状態がいつまでも続くとは考えていなかったからだ。

 実際、キャバクラ店を取り巻く環境は厳しくなっていった。ライバル店が増え、女の子たちの時給は2000円から3000円へと上昇。ビジネスとしてのうまみは減っていった。

 そこで高橋さんは思い切って方針転換。32歳で店を手放す前の数年間、実質的な店の経営は人にまかせ、自身は1店舗につき月100万円のロイヤルティーを受け取る仕組みに変更した。そして次は投資家として、ITの専門家やクリエーターと組み、ネット上に飲食店の比較サイトや、アニメのキャラクターを使ったライブチャットを立ち上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る