埼玉のごく普通の若者がキャバクラ経営で大成功するまで

公開日: 更新日:

株式会社「日本野菜」高橋栄治社長(前編)

 20代でキャバクラ店を大成功させ、30代後半で一転、農作物通販サイト“タダヤサイ”を始めた高橋栄治さん。現在は自ら農業を手がけ、畑を耕してもいる。ごく普通の若者はどうやって次々とビジネスをモノにしてきたのか。「人より先に始めることがビジネス成功の鉄則」と力説する。

 ◇  ◇  ◇

 高橋さんが生まれ育ったのは埼玉県本庄市。利根川を隔てて群馬県と接する県境の町で、市の北側はキュウリやネギの畑が広がる。高橋さんの父親はJR東日本に勤める堅実なサラリーマンだったが、1反(300坪)の畑で農作物を作ってもいた。

「家族で消費する程度です。ただ私は手伝ったりしませんでした。中学で体操部、高校ではハンドボール部で、学校以外で空手もかじっていたので」

 学生時代はまだ将来について深く考えておらず、県立本庄高校卒業後、「面白そうだから」という軽い気持ちで当時、東京・上野にあった東京科学電子工業専門学校に進んだ。そこでバイオテクノロジーを学び、1993年、大手食品会社に就職。ここまではごく普通、波瀾万丈のカケラもない人生だったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る