山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

TOB価格は安すぎる 買付け額UPに期待がもてる「ユニゾHD」

公開日: 更新日:

 同社の帳簿上の自己資本は約1131億円で、1株純資産は3307円である。しかし、これに含み益を加算して実質1株純資産を算出すると約7280円となる。

 つまり、エイチ・アイ・エスが提示したTOB価格3100円でも実質1株純資産の半値以下。かなり割安な水準である。ということは、モノ言う株主やヘッジファンドなどが参入して株価をつり上げ、TOB価格の引き上げを要求する可能性もあると考えられる。

 TOB期間は7月11日から8月23日までと1カ月強の短期決戦ではあるものの、TOB価格の3100円近辺で買って、この期間内に手じまい(売り切る)すれば、投資リスクはかなり限定される。海外勢などのプロ投資家も、この戦略で参入してくる向きが多いのではないか。

 一部報道によれば、エイチ・アイ・エスは昨年9月にユニゾHDに業務提携を打診したとされるが、回答は得られなかったという。その結果、今回の「奇襲作戦」に発展したと考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  8. 8

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  9. 9

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る