山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

親会社CEO交代で高まる「LIXILビバ」完全子会社化の可能性

公開日: 更新日:

 経営者にとって最も頭の痛い株主総会シーズンが終わった。業績不振が長期化していたり、不祥事が起きたにもかかわらずトップに居座っていた経営者が、再任されなかったケースは例年よりも多かったようだ。

 経営の主導権争いで注目を集めた住宅設備最大手のLIXILグループもそのひとつ。先月25日の株主総会では、元CEOで昨年、突然“解任”された瀬戸欣哉氏側が僅差で勝利。CEOに返り咲いたが、旧トステム創業家の潮田洋一郎前CEO派の取締役も選任されたため、経営の混乱が収束するかどうかは、予断を許さない。

 ただ、今回の株主総会で選任された14人の取締役のうち、9人が社外取締役で占められた関係で、従来のような創業家主導の株主軽視の経営は終わるとみられている。代わりに、リストラなどを通じたROE(株主資本利益率)の向上や積極的な株主還元など、コーポレートガバナンスコード(企業統治指針)を順守する経営体質に大きく変わりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る