森永乳業との経営統合が再燃 創業120周年の「森永製菓」

公開日: 更新日:

 チョコボールやミルクキャラメル、そしてハイチュウ。AIに味の優劣は分かりませんが、定番のお菓子はマイナーチェンジを繰り返しながら人気を持続させています。

 今回、AIがトップに選んだのは創業120周年を迎えた「森永製菓」です。それを記念し、来春に横浜・鶴見工場内に「森永エンゼルミュージアムMORIUM」を開設します。

 現在は中期3カ年計画中。子供を含む国内の人口減を見据えれば、お菓子の売り上げはジリ貧です。そこで、お菓子に頼らない会社づくり。具体的には健康部門とハイチュウの中国を中心としたアジア戦略の強化です。

 少し前には、一度は破談になった森永乳業との経営統合のニュースも再燃しました。当然、実現すれば株価は急上昇が予想されます。

(情報提供=MILIZE PRO)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る