生き残り模索する有名菓子 レシピ変更や隠し味でテコ入れ

公開日: 更新日:

 昔懐かしい菓子が次々と消えていく。チョコレート菓子「森永チョコフレーク」など、長年にわたり販売され、広く知られる商品が相次ぎ販売休止となる。菓子業界では毎日のように新商品が登場し、ロングセラー商品も安泰ではない。メーカー各社は製造方法の一部見直しなどでてこ入れを図り、生き残りを模索している。

 森永製菓は1967年の発売で、半世紀の歴史がある森永チョコフレークの製造を来年夏ごろまでに終える。溶けたチョコが指に付きスマートフォンを操作しながら食べにくい、といった理由から売り上げが減っていた。同社は打開策として、食べやすい粒状や棒状のチョコフレークも売り出したが、受け入れられなかったという。

 昨年は明治のスナック菓子「カール」も販売を縮小した。68年の発売でピーク時の90年代には年間約190億円の売り上げがあったが、ここ数年は約60億円に落ち込んでいた。昨夏まで数種類を発売していたが、現在は「うすあじ」「チーズあじ」の2種を西日本地区で販売している。同じように「サイコロキャラメル」は現在、北海道のみの限定販売だ。70年誕生のスナック菓子「ピックアップ」は昨年8月で生産終了している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る