飲むと水素が発生?消費減る牛乳に「若返り効果」は本当か

公開日: 更新日:

 戦後一貫して伸び続けてきた日本の牛乳の消費量は、1996年の505万キロリットルをピークに減少に転じ、2013年は350万キロリットルと消費減少に歯止めがかかっていない(独立行政法人農畜産業振興機構ホームページから)。少子高齢化のほか、学校給食の和食化によって、牛乳を出さない小中学校が増えているのがその理由だという。

 しかし、都内の公立小学校に子供を通わせている30代の女性は、それ以外の理由が少なからず影響しているのではないかと話す。

「うちの子供が通っている小学校は給食に牛乳が出ますが、子供に飲ませない保護者が増えていて、牛乳の代わりに水筒を持参させて水やお茶を飲ませているようです。他の学校でも同じようなことがあるみたいです。私たちが子供の時代と違い、牛乳が体に悪いという考えを持っている親が増えている気がします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る