櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

PBR1倍水準 割安感が出てきた化学メーカー「昭和電工」

公開日: 更新日:

 ヒ(必要不可欠)、ミ(明確な未来展望)、ツ(強い技術力・商品力)の代表は昭和電工(4004)だ。同社のフィールドは広い。オレフィン・有機化学品などの石油化学、電子材料用高純度ガス・アンモニアなどの化学品、ハードディスク・LEDなどのエレクトロニクス、黒鉛電極・セラミックスなどの無機、そしてコンデンサー用高純度箔・飲料缶などのアルミニウムでの事業展開だ。

 昭和電工の製品は街や工場でいろいろな製品に姿を変えて使われており、すべての製品が生活に必要不可欠。さやかに見えないが暮らしのそばにいる製品群だ。

 目指しているのは収益性と安定性を高レベルで維持できる個性派事業の連合体としての個性派企業。適正な市場規模(数百億~数千億円市場)でのトップシェアを獲得し、2025年には半数の事業を個性派事業とすることが命題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る