“逃げ得”前澤前社長 ZOZO株売却で手にする2429億円の行方

公開日: 更新日:

 12日発表された「ヤフー」による衣料品通販大手「ZOZO」の買収。驚いたのは同時にZOZO創業者、前澤友作社長(43)が退任すること。朝、発表されると、ZOZO社内が騒然となったという。巨万の富を得る前澤氏は、これから何をするのか。

 12日、都内で記者会見した前澤氏は、自らのトップダウン手法を反省し、「チームワークが今後、問われる。体制が抜本的に変わるべきタイミングだった」と語った。

「昨年、前澤社長が推進する安売り戦略に対し、大手アパレル会社が次々と撤退する“ZOZO離れ”が起き、業績も悪化していました。最近は自身のアイデアが社内を通らないことも多くなった。退任は、前澤さんが経営に嫌気が差したということ。辞めても、株の売却益を手にして“第二の人生”で好きなことができるのも大きい」(経済紙記者)

 つまりヤフーの買収提案は渡りに船。“逃げ得”で手にするカネもベラボーだ。ヤフーはTOBを実施しZOZO株の50・1%を取得、年内の子会社化を目指す。前澤氏は保有するZOZO株約36%のうち、約30%をヤフーに売却する予定だ。ヤフーの買い付け額は、1株2620円で、前澤氏の懐には2429億円もの大金が入ることになる。前澤氏は2017年に米画家・バスキアの作品を史上最高額の約123億円で落札したが、その20枚分に値する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る