“逃げ得”前澤前社長 ZOZO株売却で手にする2429億円の行方

公開日: 更新日:

 12日発表された「ヤフー」による衣料品通販大手「ZOZO」の買収。驚いたのは同時にZOZO創業者、前澤友作社長(43)が退任すること。朝、発表されると、ZOZO社内が騒然となったという。巨万の富を得る前澤氏は、これから何をするのか。

 12日、都内で記者会見した前澤氏は、自らのトップダウン手法を反省し、「チームワークが今後、問われる。体制が抜本的に変わるべきタイミングだった」と語った。

「昨年、前澤社長が推進する安売り戦略に対し、大手アパレル会社が次々と撤退する“ZOZO離れ”が起き、業績も悪化していました。最近は自身のアイデアが社内を通らないことも多くなった。退任は、前澤さんが経営に嫌気が差したということ。辞めても、株の売却益を手にして“第二の人生”で好きなことができるのも大きい」(経済紙記者)

 つまりヤフーの買収提案は渡りに船。“逃げ得”で手にするカネもベラボーだ。ヤフーはTOBを実施しZOZO株の50・1%を取得、年内の子会社化を目指す。前澤氏は保有するZOZO株約36%のうち、約30%をヤフーに売却する予定だ。ヤフーの買い付け額は、1株2620円で、前澤氏の懐には2429億円もの大金が入ることになる。前澤氏は2017年に米画家・バスキアの作品を史上最高額の約123億円で落札したが、その20枚分に値する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る