ポスト西川めぐり火花 日産の次期CEOに浮上した意外な人物

公開日: 更新日:

 日産自動車の西川広人社長兼CEO(最高経営責任者=65)が16日に辞任した(取締役には残留)。CEO退任を決めた先週9日の取締役会から1週間。水面下では“ポスト西川”を巡る火花が散っている。

 現在は、山内康裕COO(最高執行責任者=63)がCEOを代行。次期トップの決定は10月中がメドだ。

 CEOを選定する指名委員会の豊田正和委員長(70)は9日の記者会見で次期社長の条件として、「リーダーシップを発揮できること、世界の自動車業界に詳しく、(3社)連合にも深い理解と関心があること」を挙げた。

 すでに候補者は10人程度に絞り込まれたと伝わるが、有力者は誰なのか。

「自動車業界に詳しいという条件がある以上、国内のプロ経営者は除外されます。サントリーHDの新浪剛史社長(60)や、カルビーやライザップでトップを務めたラディクールジャパンの松本晃会長兼CEO(72)らです。そのうえ、3社連合に理解と関心があるとなれば、日産かルノー、三菱自動車の関係者しか考えられません」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  5. 5

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る