喫茶店が相次ぐ倒産のナゼ 過去最多ペースに増税追い打ち

公開日: 更新日:

「ホッと一息」つける場所がなくなっている。喫茶店がバタバタ倒産しているのだ。

 東京商工リサーチによると、今年1~8月の喫茶店の倒産件数は42件。前年同期比で35.4%も増加し、このペースは過去20年で最多の倒産件数を記録した2011年(70件)に匹敵する勢いだという。

「倒産が増加している背景には、さまざまな要因があります。ひとつは、ファストフード店やコンビニで安価でおいしいコーヒーを飲めるようになったことです。缶コーヒーも進化を続けてきました。ファミリーレストランのドリンクバー(飲み放題)のコーヒーもクオリティーを上げ、1杯当たりの値段が高い喫茶店より手ごろに楽しめるようになったことも大きいでしょう」(東京商工リサーチ情報本部の後藤賢治氏)

 スターバックスなど大手コーヒーチェーンが乱立する中、いわゆる街の喫茶店は、経営体力の乏しい個人・零細規模が7割以上を占めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

もっと見る