松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

大衆心理と上昇相場 「9割がまだ上がる」と思ったら天井

公開日: 更新日:

 現在、EUや日本はマイナス金利という異常な状態に慣れてしまったので、異常という実感がないかもしれません。

 異常といえば、米国株指数のS&P500が過去最高値を更新している中、米連邦公開市場委員会(FOMC)は10月30日に政策金利を1・75%に利下げしました。株価が最高値更新時、利下げというのは、過去にないことだと思います。

 通常、株価が最高値を更新するのは、景気に過熱感がある時で、そのような状況ではインフレにならないように利上げします。今回、景気悪化が進まないための「予防的利下げ」という表現を使っていますが、この表現も過去にないことだと思います。

 株価は利下げを見込んで、上昇してきた要素も強いです。景気が良いから株価が上昇しているのではなく、株価を上昇させて景気を良くしてきた今のような株高は、「不景気の株高」といいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る