松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

大衆心理と上昇相場 「9割がまだ上がる」と思ったら天井

公開日: 更新日:

 現在、EUや日本はマイナス金利という異常な状態に慣れてしまったので、異常という実感がないかもしれません。

 異常といえば、米国株指数のS&P500が過去最高値を更新している中、米連邦公開市場委員会(FOMC)は10月30日に政策金利を1・75%に利下げしました。株価が最高値更新時、利下げというのは、過去にないことだと思います。

 通常、株価が最高値を更新するのは、景気に過熱感がある時で、そのような状況ではインフレにならないように利上げします。今回、景気悪化が進まないための「予防的利下げ」という表現を使っていますが、この表現も過去にないことだと思います。

 株価は利下げを見込んで、上昇してきた要素も強いです。景気が良いから株価が上昇しているのではなく、株価を上昇させて景気を良くしてきた今のような株高は、「不景気の株高」といいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る