藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

業績拡大も…放送局向けオンリーワン企業「リーダー電子」

公開日: 更新日:

 2020(令和2)年の株式相場は、高値圏のもちあい相場が続いています。先週は日経平均株価が一時2万4000円を超えました。足元の景気動向はイマイチですが、米中通商摩擦の緩和による企業の設備投資の復活などを期待した相場となりそうです。

 個人投資家は、このような相場状況下では、株価指標面からみても割安感があり、相場テーマに乗った銘柄を選択するのがいいでしょう。

 今回ご紹介するのは、放送局向け計測器のファブレスメーカー、リーダー電子(6867、東証ジャスダック=投資金額約15万円)です。

 リーダー電子の最大の強みは、波形に関するアナログ技術です。放送局などで利用される波形モニターでは、国内オンリーワン企業です。海外でも、欧州の競合であった英国のPHABRIX社を昨年7月に完全子会社化したことによって、世界トップシェアを持つグローバルニッチトップ企業になりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る