世界最大デジタル技術見本市「CES 2020」に見る未来予想図

公開日: 更新日:

 世界最大のデジタル技術ショールーム「CES」(消費者家電見本市)が7日(日本時間8日)から10日まで、米・ラスベガスで開催、世界から1200社の新興企業を含む4400社以上が参加した。5G(第5世代)の高速大容量通信システムや人工知能(AI)技術をベースにした“第4次産業革命”後の未来図が描き出された。

■ストリーミングやワイヤレス分野が加速

 CESを主催するCTA(コンシューマー・テクノロジー・アソシエーション)によると、米国の消費者向けテクノロジー業界の売り上げは2020年にも過去最高の4220億ドル(約45兆円)にも成長するとみられている。具体的には次のような産業や技術が伸びるとされるが、いずれも日本と変わらないはずだ。収益が大きいカテゴリーはスマートフォン、ラップトップパソコン、テレビ、車載技術である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る